シベリウスとブルックナー

最近図書館からCDがどちらも素晴らしい演奏だった。
ひとつはシベリウスの交響曲第2番

c0179469_20025396.jpg
 
  バーンスタイン指揮ウィーンフィルの演奏。
  とにかくスローテンポ。しかし、スケールが大きく、まさに白眉の演奏。
  シベリウス第2番はコリン・デイビス指揮が私は好きだが、
  バーンスタインも負けていない。

  パッションはコリン・デイビスが上だが、スケールはベーンスタインが上か。



c0179469_20030963.jpg
  
  もうひとつはアバドのブルックナーの交響曲第1番。
  これも白眉の演奏だ。
  1番はヨッフムが素晴らしいと常々思っていたが、どうしてどうして
  アバドも素晴らしい!
  ヨッフムは無骨なブルックナーだが、アバドは洗練されたブルックナーだ。
 
  どちらもクラシックファンは聞くべし!

[PR]
by hal5911 | 2014-07-22 20:17 | その他 | Comments(0)

テレビディレクターのおもしろ日記


by hal5911