カテゴリ:映画( 164 )

パッセンジャー

久しぶりに封切り映画を見る。映画は「パッセンジャー」
監督が「イミテーション・ゲーム」のモルティン・ティルダムなので期待して見たのだが・・

c0179469_10453716.jpg

これってSF映画の名を借りた、要するにラブストーリーじゃない?
コンピューターの反乱がテーマなのだが、それも原因は分からずじまい。
美術は素晴らしいが、内容が薄いよ。
それにジェニファー・ローレンスがどうもミスキャストのような気がする。

採点 65点



[PR]

by hal5911 | 2017-03-26 10:52 | 映画 | Comments(0)

ローグワン2回目

トーホーシネマ日本橋の3D上映が昨日までだったので、早速3Dで見る。
しかし、最近封切りしたのにもう終映とは3Dに関してはよほどヒットしてないんだな。

c0179469_09422415.jpg

そりゃそうだよな、この映画、日本人が誰でも知っているスターが出てないもんな〜
興行的には厳しいのかもしれない。

しかし、2回見てよかった。前半は相変わらず退屈だが
後半は3Dで見ると圧倒的な迫力で観れる。
これはかなりオススメ。
音楽も2回目はそれぞれのキャラのテーマがよくわかった。

しかし、この映画、登場人物がほとんどニコリともしない。

これから、今回のようなスターウォーズストーリーがどんどん作られるらしい。
ファンとしては楽しみだ。


[PR]

by hal5911 | 2016-12-30 09:53 | 映画 | Comments(0)

これってスターウォーズ?

待ちに待ったローグワンを仕事の時間が空いたのでなんと封切り日に見に行った!

c0179469_06241988.jpg

でも、これって本当にスターウォーズ?
あの有名なテーマ曲はほとんど聞けない、フォースを使う人はいない、
ダース・ベイダーはラストにやっと出てくる。

はっきり言って、まるで、戦争映画だよ、これは。
最初の1時間は話がわかりにくくて、退屈。

最後の最後にあの○○○姫が出てくるのは驚いた。
でも、なんかつじつま合わせの感がなきにしもあらず。

採点 70点


[PR]

by hal5911 | 2016-12-18 06:32 | 映画 | Comments(0)

怪談

今、wowowで特集をやっている東宝の小林正樹監督の怪談を見た。

c0179469_21013303.jpg

小泉八雲の有名な怪談話を映画化したもの。
当時のカンヌで審査員特別賞を取った有名な映画。

一言で言うと、すごい映像美だ。お金もかなりかけてる。
今見ても全く見劣りしない。まさに日本映画の良き時代の醍醐味を見ている感じ。

さらに新珠三千代と雪女役の岸恵子の美しいこと!

採点 80点


[PR]

by hal5911 | 2016-11-30 21:07 | 映画 | Comments(2)

希代の名作アニメ登場!

まさに希代の名作と言ってもいいほどの名作アニメに出会った。

c0179469_09295517.jpg

「この世界の片隅に」である。
見る前は全く期待してなかったのだが、見てみたらすごい映画だった。

この映画は戦争当時の日本人の庶民の生活に焦点を当てているのが今までない視点だ。
そんな辛い時代でも日本人はその中で楽しみを見つけ生活を楽しんでいるのが
まざまざと描かれている。それも明るく描かれているところがすごい。
さらに主役の「のん」が声優として素晴らしい演技を見せている

アニメだからなぜか逆に感情移入できる。
本当に日本のアニメは完成度が高いものが多くなった。

まさに傑作映画に出会ったという感じだ。日本人なら見るべき映画。

採点 90点


[PR]

by hal5911 | 2016-11-23 09:44 | 映画 | Comments(1)

手紙は憶えている

久しぶりに映画を見た。作品は「手紙は憶えている」

c0179469_10120114.jpg

ナチスが絡むサスペンスミステリー。ラストにあっと驚く展開があり、そこは確かに見応え十分。
クリストファー・プラマーも認知症気味のお父さんをよく演じている。
この映画は本当に脚本がよくできている。
ロードムービーとナチス問題をよく絡めている。

監督はこの方

c0179469_10120660.jpg

エジプト出身のカナダ人監督、アトム・エゴヤン。現在56歳、多分。
重厚な演出で哀しい人生をたどる人間を描いた映画が多い監督。

採点 80点



[PR]

by hal5911 | 2016-11-02 10:22 | 映画 | Comments(0)

芸は身を助く!

懐が寂しくなってきた今日この頃、副業として最近またヤフオクを始めた。
実は私、ガキの頃から映画が好きでチラシも集めていた。
こちらはおよそ40年前田舎(九州)の映画館で配られていたチラシ。

c0179469_11594914.jpg

昔は今のようなチラシ文化がなく、地方の映画館などは自前のチラシを作っていたのだ。
そんなチラシを私はたくさん持っていたので、その中の一つをヤフオクに出した。
元手は0円である。
それがなんと3490円の値がついた!
世の中の映画マニアの皆さん、ありがとうございました。

まさに芸は身を助くだ。大した芸じゃないが・・・                  


[PR]

by hal5911 | 2016-10-19 12:09 | 映画 | Comments(0)

これはデジャビュの映画や!

今年はなぜかタイトルだけを見ると古臭いタイトルが流行る。
「ゴジラ」に「君の名は」。
もちろん、今の若い人は岸恵子の「君の名は」なんて知らないだろうけど・・・
と言っても私もオンタイムで見たわけではないが・・・

c0179469_08572346.jpg

しかし、これは紛れもなく私が好きなデジャビュがテーマの映画だ。
アニメのテイストはなんとなく中高生向きだが、タイムパラドックスは明らかに大人向きだ。
最近は本当に洋の東西を問わず、タイムパラドックス映画が多い。

でも、今、どうして大ヒットしているのだろう?

始まり30分くらいは映画ファンには結構退屈。いつまで堂々巡りを見せるのかという感じ。
しかし、半分くらいにわかる衝撃の事実から途端に面白くなる。
多分、東日本大震災と重なるテイストもあるからなのではないだろうか。
とにかく見て損はない映画です。ていうかもう1回見たい(笑

採点 75点


[PR]

by hal5911 | 2016-10-04 09:11 | 映画 | Comments(0)

役者があまりにも・・・

今、話題の映画「怒り」

c0179469_07170224.jpg

この映画は役者の演技で見せてくれる類い稀な映画かもしれない。
それはあの名優・渡辺謙が影が薄くなるほど。

宮崎あおい・・・ちょっと頭が足りない女性を見事に演じている
綾野剛・・・こんな役もできるんだという驚き。
森山未來・・とにかくすごい演技、見るものを圧倒するほど。
千葉すず・・どっちかというと今まで大根だった彼女が変身!
松山ケンイチ・・・この映画のキーになる役をうまく演じている

妻夫木も名優たちに囲まれ、影が薄くなっている。

ただ、この映画の大欠点はラストに真犯人がわかるところ。
少々説得力に欠ける。
それも犯行の理由を第3者に語らせているので弱い。

採点 75点


[PR]

by hal5911 | 2016-09-24 07:29 | 映画 | Comments(2)

三つまとめて映評

最近3連チャンで映画を鑑賞したので3つまとめて

c0179469_09004709.jpg

6月くらいから封切りして評論家にも絶賛だった「フェイク」。
言わずと知れた佐村河内守のドキュメント。

ストーリーはともかくカメラワークがひどい!
何これ?これでもプロの映画?何撮ってんのかわからないようなアングルが多い。
さらに暗い!これはスクリーンのせいか?よくわからんがとにかく薄暗い。
これはTVで十分!

映画に期待しすぎは禁物。

採点 55点

c0179469_09005072.jpg

次は「後妻業の女」
大竹しのぶの”クズ女”演技が話題の迷作!

役者の力演はともかく、クズ人間集団がラストも平々凡々と生きているのは許せない!
かなりの後半でやっとこいつらが逮捕かと見せといて
ラストはいつもように人を騙している。人間として不愉快!
さらに大竹の息子役を演じる風間俊介のギャーギャー騒ぐうるさいだけのタコ演技も不愉快!

まあ、原作がそういう話なんだろうけど、映画として落としまえつけて欲しい。
8割がクズ人間たちの映画。だから反面教師としてみてください。

採点 70点

お次にやっと感動作を見た。

c0179469_09005138.jpg

久しぶりの試写会。だから、まだ封切っていません。ご注意下さい。
でも、アメリカでは今大ヒット中の映画です。
イーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」

ストーリーは至極単純で実際の事故のシーンと公聴会のシーンと家族のとの会話のシーンなど。
その単純さで多少中だるみがあるがトム・ハンクスの名演で見せてくれる。
裁判シーンを作らせたら、やはりハリウッドはうまい!

ここにはアメリカ人の良心が見事に描かれている。見て損はないです。

採点 80点





[PR]

by hal5911 | 2016-09-17 09:24 | 映画 | Comments(4)