インターステラー

この映画を見ることはひとつの体験だ!

c0179469_20521164.jpg

 これはすごい映画だ!
 鑑賞というより、ひとつの体験といってもいいくらい。
 私の大好きなクリストファー・ノーランの最新作
 「インターステラー」を見る。

 宇宙SFというジャンルでいうと、
 確かに「2001年宇宙の旅」によく似ている。

 でも、私はふたつの映画をこう見る。



2001年・・・一見わかりにくいけど、説明を省いて感覚的に創っているので実はわかりやすい。

インターステラー・・・宇宙物理学的なセリフ非常に多いので、わかりやすそうで実はわかりにくい。

でも、歴史に残るSF映画であることに間違いはない。さらに将来起こりそうな予感さえ感じるのだ。
そのくらい切実感がある。
ただ、クライマックスの、時間を超えたシーンは、やはりわかりにくい。

予告編を見たときは主人公が行った先が未来の地球という、超平凡なストーリーにはしないで・・と
恐れていたが、その予想はいい意味ではずしてくれただけでも、よかった。

採点80点


[PR]

by hal5911 | 2014-11-29 21:00 | 映画 | Comments(0)

セレブ歯科医

奥歯に歯のないところがあるので、思い切ってインプラントを入れようかと思って
行きつけの歯科医から勧められた、麹町のk歯科にカウンセリングの申し込みをしようとしたら
そのあまりのセレブさに驚いてしまった。

私「あの~H医師に勧められて カウンセリングを受けたいのですがカウンセリングだけなので無料ですよね?」
K歯科「うちはカウンセリングだけでも3万5千円かかります」

麹町の歯科医なので、セレブかも・・・と思っていたら、
相談だけでもその高額さに唖然としてしまった。さらに・・

私「それで実際に治療となった場合、かなりの高額なので、(60万!)カードは使えますよね?」
K歯科「いえ、うちは現金のみなんですよ」

私「はあ?治療が終わったら〇十万を現金で持って行くんですか?」
歯科「はい」

聞きしに勝るそのセレブさに開いた口がふさがらなかった。
まさに口には出さないけど、金持ちしか来るなと言ってるのと同じ。
保健医療が発達したこの日本で、アメリカじゃあるまいし
保険が一切利かないセレブ歯科医が今もいたとは・・

いくら治療が素晴らしいとはいえ、
庶民の意識がなくなってしまった、そんな高飛車な歯科なんか行きたくもない!

そんなのは医療じゃねえ!

*実は20年ほど前、新橋でやはり保険が利かないセレブ歯医者に通ったことがある。
 そこはいつも「うちは相談はタダ」を自慢にしていたが(そんなの当たり前!)
 相談さえ金を取る歯科があるとは!しかも単位は万!



[PR]

by hal5911 | 2014-11-20 20:31 | その他 | Comments(3)

高倉健さんについて

日本の偉大なスターが亡くなった。「鉄道員」なんかほんと泣いたなあ。

日本人にとって、本当にかけがえのない人を亡くしたような気がする。

ところで以前西表島にプライベートで行った時、
地元の人から健さんのプレゼント魔について聞いたことがある。

健さんがプライベートで訪れた時、地元の漁師さんにお世話になったらしく、
その時に、なんとロレックスをその漁師さんにプレゼントしたらしい。
一般の人でも持てないような高級時計をプレゼントするなんてすごい人だと思う。

ちなみに西表島はスターやタレントがお忍びでやってくる島として有名らしい。
なぜなら、メディアもそこまではやってこないという判断らしい。

[PR]

by hal5911 | 2014-11-19 09:44 | 映画 | Comments(0)

あの人は誰?

先だってある男性に銀座で出会った。

男「やあ、久しぶり」
私「ああ、どうも」
なんとなく見た感じはあったのだが、誰だかわからない。
あっちから声をかけられたので返事せざるをない。

男「今、何をしてるんですか?」
私「仕事です。そちらは?」
男「私は銀ブラ。もう歳だから」
なんとなく以前に仕事で会ったような記憶はあるのだが思い出せない。

私「おいくつになられましたか」
男「もう67ですよ」
私より10歳近く年長なので、とても「どなたでしたっけ?」なんて言いにくい。
まだ会話は続く。相手は暇そうなので・・

男「ちょっとお茶でも?」
私「すみません、今仕事中なので」
男「そうですか・・じゃまた」

結局誰だか未だに思い出せない。あっちが人違いか、私が健忘症か・・・



[PR]

by hal5911 | 2014-11-16 06:55 | その他 | Comments(0)

気仙沼の美味

今回気仙沼で取材。そこでとんでもない美味をいただいた。

c0179469_10314632.jpg

漁港ではメカジキやマグロなどが所狭しと並べれられていた。
その日の夜は地元の魚が美味しくいただける居酒屋にいったのだが、その、美味しいこと!

c0179469_10290944.jpg

サンマの刺身などは脂がのってて、まさに絶品!
人生50年でこんな美味しいサンマ食べたの始めて。
そして、その後、気仙沼でしかいただけない珍味をいただいた。それがこちら!

c0179469_10311017.jpg

地元ではモウカの星というらしい。これをゴマ油と塩をブレンドしたようなつけダレでいただくのが
これがまた珍味で美味!やわらかくて脂がのってて。
実はこれは地元で獲れるモウカザメの心臓なのだ。その心臓の持ち主がこちら!

c0179469_10292173.jpg

モウカザメ君、心臓いただきました。ごちそうさまでした。
君みたいなタフな男になれるといいなあ~



[PR]

by hal5911 | 2014-11-09 10:43 | 仕事 | Comments(0)

赤坂でランチ

店舗情報
CERVECERIA GRANVIA
東京都港区赤坂6-4-15 1F

c0179469_9554812.jpg
c0179469_9555098.jpg
使った金額1,000円~1,999円
評価(星4つ)
赤坂のスペイン料理の店でランチ。1080円
以前から気になっていた店で実際に入って食べたら美味しかった。何よりリーズナブル!

[PR]

by hal5911 | 2014-11-06 09:50 | ランチ | Comments(0)

ドラキュラはスーパーマン?

日劇で「猿の惑星」見ようと思ったら、なんとすでに終わっていた。ヒットしなかったんだな~
そこで「ドラキュラzero」を見る。

c0179469_20131693.jpg


今まで本当にいろんなドラキュラ映画が作られてきたがこれほど荒唐無稽なドラキュラ映画も珍しい。
まさにCG時代のドラキュラだ。

この映画を一言で言うと苦悩するドラキュラ前の人間の話し。

しかし、ドラキュラがスーパーマンみたいに空を飛ぶとは思わなかった。
生血を吸うのは最後の最後になって申し訳程度に出てくる程度。

いっそのこと「ドラキュラーマン」とか言っちゃった方がよっぽどこの映画の雰囲気に合うかも。
確かに映画界でやりつくされた話なので、こういうアプローチになっちゃうのも致し方ない。

生血を吸うか吸わぬかそれが問題だ!

採点 65点

[PR]

by hal5911 | 2014-11-03 20:22 | 映画 | Comments(0)

客にウソをつく店

使った金額1,000円~1,999円
評価(星1つ)
銀座でランチをしようと思って、たまには高級レストランでと思い、銀座で有名な「E」という店に入る。
で、Bのローストビーフランチを選ぶ際に若い店員に
「Bはライス付いてる?」と聞いたら、
「ハイ」と答えたので「じゃ、それで」
と頼んだ。
で、五分ほど経って店長らしき人が頼んだものを持ってきたら、

なんとライスではなく、パンだった!

何だよこれ?と思い、「あれ?僕が頼んだのはライスですが」と言ったら、
その店長らしき人は「うちではライスは一切出しておりませんが」と、
知らない貴方がおかしいみたいな口ぶりで、のたもうたので、

ついに私の怒りが爆発!

「さっきの若い店員は私に確かにライスがあると言ったけど、ウソをついたんですか?」
そしたら、店長らしき人が先ほどの店員とボソボソと話し、私に誤りを認めた。
「違うなら違うと最初に言えよ!」とつい声を荒げてしまった。

最後に出てきたコーヒーは高級レストランだけあって美味しかったが
もうこの店には二度と入らないだろう。

しかし、すぐにバレるのに若い店員はなんで私にウソをついたのか?

 *Eはあくまでお店のイニシャルです。

[PR]

by hal5911 | 2014-11-02 19:51 | Comments(0)