韓国映画の底力を見た!

初めて柏駅のキネ旬シアターて映画を見る。
c0179469_16402991.jpg

中には懐かしいキネ旬の表紙が飾ってある。
c0179469_16403090.jpg

映画は韓国映画の「テロ・ライブ」

c0179469_08261397.jpg
 
 これは傑作だ。 一時も目が離せない緊張感!スリル!サスペンス!
 ジャンルで言うと社会派エンターテイメントになるらしいが
 なんと9.11に似た出来事が起きるのがすごい!まあ多分CGだと思うが
 とんでもないカタストロフ が最後にやってくる。
 
 また最後に犯人がわかると、これがまた心理的どん でん返しがやってくる。
 悪人ヅラしてないのが新鮮。つい、犯人に観客も同情してしまう。
 ホントにすごい映画だ。

採点 80点

[PR]

by hal5911 | 2014-12-30 16:29 | 映画 | Comments(0)

デジャヴュ・ベイマックス

今日の夕方のニュースの企画でやっていたが、今、パリは大の日本ブームらしい。
そのブームはハリウッドアニメにも見てとれるようだ。
今、公開中のベイマックスがまさにそれ!

c0179469_20431438.jpg

主人公の住んでいる街がサンフランソウキョウで主人公がヒロ、兄がタダシ。
ヒールが歌舞伎マスクと、日本に対するリスペクトだらけ。

さらにベイマックスのこの風貌、どこかで見た記憶があると思っていたら・・・・
そうだ、これは

c0179469_20432112.jpg

あの鉄人28号に似ている!飛び方もなんとなく似ていたし。

今、マスコミでは外人ブーム。しかし、海の向こうでは逆に日本ブーム。なんともはやおかしな現象だ。これこそグローバリズム!


[PR]

by hal5911 | 2014-12-23 20:54 | 映画 | Comments(0)

SLイルミネーション

また、この季節がやってきた!

c0179469_22304225.jpg

イルミネーションに輝く、新橋の汽車ぽっぽ。きれいだな~

[PR]

by hal5911 | 2014-12-18 22:31 | 新橋 | Comments(0)

ゴーン・ガール

貧乏人や庶民にとっては胸のすく!?“ざまあみろ”映画

c0179469_09245345.png

 私が最近気になっていたロザムンド・パイクの映画。
 今までは”お人形さん”役的な映画が多かった彼女の出世作と言ってもいい映画だ。

 結婚というものの「暗」の部分を見事に描いた映画だ。
 ロザムンド・パイクはまさにハマリ役。
 女の恐ろしさを演じきっている。
 ベン・アフレックもバカ夫役でまさにぴったんこの役。

 でも、デビット・フィンチャ―の映画としては傑作だとは私は思わない。

 採点 75点




[PR]

by hal5911 | 2014-12-16 09:34 | 映画 | Comments(2)

IMAXでインターステラー

インターステラーを木場のIMAXで初めて見た。

c0179469_09421117.jpg

やはりインターステラーのようなSFはIMAXで見るべきだと思う。
迫力が一般の映画館でみるのと全然違う。
音響効果も自分が宇宙船に居るかのような臨場感だし。

今回再度見て 映画の中のディラン・トマスの詩が気になってきた。

「穏やかな夜に身を任せてはいけない。老いても怒りを燃やせ、終わりゆく1日に。
怒れ、怒れ、消えゆく光に」

これはディラン・トマスの父が死の床にふしている時に詠んだ詩らしいが
普通だったら「ゆっくりお休み」と言いたい時にこういう詩を作るとはすごい。



[PR]

by hal5911 | 2014-12-15 09:55 | 映画 | Comments(0)

寄生獣

思っていたほどつまらない映画ではなかった。

c0179469_09093343.jpg 予告を見たときはとんでもなくつまらない映画の
 ように思えたが、実際に見たらそうでもなかった。
 でも、中身は結構グロいのでホラーに
 分類してもいいかも。

 音楽が「永遠の0」と同じ作曲家で出だしもそっくり!
 ここまで似てくると、少しは仕事しろよといいたくなる。

 しかし、寄生獣がどこから来たのか?
 地球上の生き物か、エイリアンか、肝心のそれがわからない。
 それは完結編ではっきりさせるのだろうか?


結果的にいまいちの作品であった。
しかし、完結編が来年のGWだなんて、魂胆見え見えであまりにもあざとい

採点 65点

[PR]

by hal5911 | 2014-12-09 09:22 | 映画 | Comments(0)

フューリー

ますますリアルになっていく戦争映画というカテゴリー

c0179469_10340711.jpg
 
 今、話題の映画「フューリー」を見た。
 第2次大戦末期のアメリカ軍とドイツ軍の戦いを描いたものだが、
 弾が飛んでくるところが
 こんなにもリアルに映像化されているのは
 はっきり言って見たことがない。
 まるで自分がその場所に居るかのような感じだ。

 それと戦争映画というのはひとりは大スターが出てないと
 サマにならないというのがよくわかる。
 この映画にブラピが出るのと出ないとでは大違いだ。


 採点 75点

[PR]

by hal5911 | 2014-12-02 10:42 | 映画 | Comments(0)